2011年5月25日 (水)

することが何もなかったら、苦しかろう

毎月1回通ってくるAさん。
90歳のおばあちゃん。
12年のお付き合いになる。

「おかげさまで、調子はいいです。」というのが、口癖。
脳梗塞後の軽い右まひと、右の膝関節症のために、右足が痛い。
痛み止めと、ビタミン剤、胃薬を飲んでいる。

「おかげさまで」という彼女の言葉を聞くと、ほっとする。
いつも、シルバーカーを押しながらやってくる。
今日も雨の中をやってきた。

「おかげさまで、調子はいいです。」

今日みたいな雨の日は、畑に行くの? と私。

彼女は、毎日畑に行くのが楽しみだ。
家にいると、畳のへりにさえも引っかかって転ぶことがある。
畑では、転んでも土が守ってくれるから安心だ、という。


「雨の日は絶対に畑には行きません。」

「畑をうつ(耕す)のは、何ともないけど、ものを運ぶのが大変です。」

「右足がだんだん痛くなって、体がだんだん動かなくなって来ています。」

「しかたがないです。ただ、(畑を)眺めるのが主です。」

「でも、することがなかったら苦しかろうと思う。」

とつとつと話す彼女の語り口。
死をわきまえて、毎日畑に出かけているのだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

新年のごあいさつ

2008s


みなさま。新年明けましておめでとうございます。

昨年も、たくさんの方々に助けられ、またご指導を受け、学びながらの一年間でした。

ありがとうございました。心より感謝申し上げます。

今年もまた、ご助力をお願いいたします。

お世話になった方々へ、このような年賀状をお送りしましたが、こちらの住所録登録の不備などでお届けできなかった方たちも多くいらっしゃいます。

まことに失礼ながら、このページを利用して、お送りさせていただきますので、どうぞご了承ください。

続きを読む "新年のごあいさつ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月17日 (土)

心筋梗塞

Sさんは認知症を患っている80歳代の女性。
最近は小さなデイサービスに通うようになって、だんだんと落ち着いてきた。
同じデイサービスの仲間たちとも、楽しく語り合って過ごしている。
足は以前から「よろよろ病」があるといって、室内は杖や伝い歩きで、外は車椅子で移動する。
ときどき調子が悪くなる。
今回も、午後の在宅訪問に出発したばかりの時に、デイサービスの担当ナースからの電話だ。
「Sさんが、背中の痛みを訴えて、嘔吐がある。」という。

続きを読む "心筋梗塞"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年2月18日 (日)

正直

月に1回、知的障害者の施設を訪問する。
20年余り前に開設された施設で、私は前の病院時代から、入所者の病気や健康管理で関わってきた。
開業してからも、引き続き、入所者が受診することが多い。
時には、こちらから出向いて、診療をするようになって、数年になる。
この施設を訪問するのは、楽しみだ。

続きを読む "正直"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月10日 (土)

眼の病気

糖尿病でインスリンの自己注射をしているやまさん。
いつも奥さんと2人で来院する。
今日もいつものように、血糖と尿糖を測定し、診察室に入ってきた。

「ほんとに、調子がいいですねえ。」
いかつい顔がにこにこしている。

続きを読む "眼の病気"

| | コメント (0) | トラックバック (1)