« 2015年2月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年4月10日 (日)

胃瘻2題

 
AMさん 97才
住宅型の施設で過ごし、当院からの訪問を受けていました。
認知症はありますが、朗らかで表情豊かな方。1週間前に発熱、往診で誤嚥性肺炎と診断し近くの病院に入院していました。入院6日目に息子夫婦が相談に見えました。嚥下の検査で誤嚥が見られ、今後経口摂取は不可能といわれた。胃瘻を作るかどうか検討したい、と。慌てて当院に相談に見えた次第です。
みなさんだったらどう考え、どう返答しますか?

私は迷っているお二人に、97才という年齢、今後の生活の質、胃瘻を作って生き延びたくないと言っていたという本人の希望を考慮したら胃瘻は止めて、さっさと帰ってきたらどうですか、と答えました。

2日後に施設に帰ってきて、早速夕食を食べました。
家族もびっくりですが、おかゆを10割、おかず(一口刻み)を5割などしっかり摂取。
もちろん施設のスタッフの注意深い食事介助のおかげもあります。
それ以上に、本人の生きる意欲、生命力への信頼が大切がと感じました。
ここでは写真でお見せできないのが残念ですが、この日夕食後に私が訪問したときのAMさんの明るい、豊かな表情。これはAMさんのこれまでの人生が作り上げた顔だなとつくづくおもいました。
 

続きを読む "胃瘻2題"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2016年8月 »