« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月21日 (月)

在宅ホスピスを語る

19日(土)は、『在宅ホスピスを語る会』を開催しました。

在宅ホスピスを経験した方(遺族)に、体験を語ってもらい、地域の人たち、同じ経験をした人たち、これから在宅ホスピスをやろうと思っている人たち・・・そして地域の医療機関や訪問看護、ケアマネージャなどにも聞いてもらいたい、というのが会の趣旨です。
在宅ホスピスを広げるには、もっとも有効な方法だと思っています。
福岡県では数年前から始めており、今年度は10ヶ所あまりで開かれています。
ことしの『語る会』は、ひときわ印象深いものでした。
土曜の午後2時から開始。
第1部は、Shanaさんのコンサートです。オカリナとギターの、息の合った演奏は、毎回心を洗ってくれますが、今年はまた一段と澄んだ音色で、私たちの心を清めてくれました。
Shana01
その後、第2部で体験談。
3人の遺族の方に、インタビュー形式で語ってもらいました。
1人は、訪問看護ステーションはなが関わった女性。
1人は、はなと、にのさかクリニックが関わったすい臓がんの女性。
もう1人は、にのさかクリニックと他の訪問看護ステーションが関わった男性です。
バックに、患者さんの在りし日の写真を流しながら話してもらいました。

続きを読む "在宅ホスピスを語る"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »