« バングラ・レポート2012 No.1 大木さんのこと | トップページ | ブログがすすまない・・・ »

2012年9月21日 (金)

バングラ報告2012 その2 ジャパニ小

ジャパニ小学校、というのは「日本人が造った小学校」という意味です。
正式な名前は、「カラムディ村イーストパラ小学校」といいます。
イーストパラ、というのは東地区、といった意味です。

634424(写真は、建設中のジャパニ小学校)

1986年ラフマン・モクレスール青年は、九州大学への留学のために来日しました。
カラムディ村出身としては、初めての大学生、日本への留学も初めてです。
そのときのラフマン青年の不安な思いは・・・・
といった話はおいといて。
中学生のときに独立戦争に参加、その後も村の子供たちの教育のために藁葺きの寺子屋風の教室を造って勉強していたそうです。しかし、その教室はモンスーンが来るたびに壊れてしまいます。
嵐が来ても壊れない、れんが造りの学校が欲しい、というのがラフマン青年の希望でした。

一方の大木松子さん。
若い頃から社会的な意識に目覚め、日本がアジアの国々に対して行ったことに対する罪滅ぼしをしたい、と考えていました。ご主人の急死などの出来事を乗り越え、勉強して牧師になったばかり。

そんな2人の出会いが、手をつなぐ会の出発点でした。


0012(ジャパニ小学校の前で、現地の中学生たちと一緒に)


2人の出会いが、「バングラデシュに小学校をつくる会」の発足となりました。
当時はこのようなボランティア活動は珍しく、注目を集めました。
2年間で400万円の募金が集まり、カラムディ村に「ジャパニ小学校」が完成しました。

小学校をつくる会は、「バングラデシュと手をつなぐ会」へと発展し、再発足。
小学校の運営、ミシン教室、幼児学級なども行ってきました。
しかし、いつの頃からか、ジャパニ小学校との関係が次第に疎遠になってきたのです。
いつもラフマン氏が通訳をして、学校の教員たちと話し合いをするのだが、いつもラフマン氏が怒り出し通訳しないまま、会合が終わってしまう。ションダニとジャパニ小学校がつながりがなくなってきたようでした。
従って現地訪問に行っても、ジャパニ小学校を訪問しなかったり、訪問しても顔合わせだけ、という年もありました。
ジャパニ小学校の教員たちの質の低下や、教員数自体の少なさなど問題が多かったようです。
昨年は、200人あまりの生徒に対して教員はわずか2人という状態(バングラの小学校は5学年)。たまりかねた運営委員(日本のPTAもしくは保護者会みたいなもの)が、ションダニに救援を依頼し、ようやく4人を派遣、6人の教員体制が整ったばかりだったのです。

今年はいつもと違いました。
最初に職員室に教員全員が集まり、それぞれに自己紹介。語りぶりから、それぞれの熱意を感じることができました。
続いて教室へ。ここでもこの20年あまりで初めての体験をしました。
生徒たちが、それぞれの作品を持ってきて、見せてくれたのです。粘土細工や絵、竹の葉で作った眼鏡などなど・・・粘土細工は、象や鳥、それに現代っ子らしく、携帯電話などもありました。

教室で子どもたちと交流した後、ホールで子どもたちの歌や踊りの演芸発表会。
娯楽の少ないこの国では、歌や踊りや詩の朗読などはみんなの楽しみであり、客をもてなす大事は手だてなのです。
楽しみました小学生が踊るセクシーなダンスや、恋の歌は教育上?どうなのかと思いましたが、参加した大人も子どもも皆楽しんでいました。

子どもたちの歌や踊りを楽しんだ後は、再び職員室に戻って、教員や運営委員との食事です。
半日以上をジャパニ小学校で過ごし、気持ちよく学校を後にしました。

何年ぶりだったでしょう。こんなに歓迎してくれ、こんなに心を通い合わせることができたのは。
ジャパニ小学校は、ションダニ学校と違い、普通の公立校です。教育委員会の管理下にあるので、完全にションダニ・ションスタの管理下におくことはできないのです。
でも、工夫次第では教員を補充したり、カリキュラムを検討したり、地域住民やNGOの協力を得ることは可能なのです。今回ようやくみんなでジャパニ小学校をよりよいものとしたい、という意欲を感じることができました。

ふと、大木さんの笑顔が浮かんできました。

6月に亡くなった大木さん。
カラムディ村は「わたしの第2のふるさとよ」といつも言っていた大木さん。
彼女の思いが、今回のジャパニ小学校の動きを呼び寄せてくれたのでしょうか。

Js01  Js17


|

« バングラ・レポート2012 No.1 大木さんのこと | トップページ | ブログがすすまない・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69958/55707002

この記事へのトラックバック一覧です: バングラ報告2012 その2 ジャパニ小:

« バングラ・レポート2012 No.1 大木さんのこと | トップページ | ブログがすすまない・・・ »