« あじさいの季節 | トップページ | 現地訪問近づきました。 »

2012年8月 1日 (水)

花の谷クリニックと「認知症ケアの倫理」

この組み合わせ、どんな意味が?とおもわれるでしょう。
土曜日は、二人のすばらしい女性との出会いがありました。

伊藤真美さんと、箕岡真子さん。

伊藤真美さんは、ファイナルステージを考える会の講演会「心にのこる患者さんたち」
伊藤さんは、千葉県の「花の谷クリニック」の院長で、一般外来、緩和ケア病棟、在宅ケアの3つを手がけている女医さんです。

箕岡真子さんは、久留米での「認知症終末期における尊厳あるケア」の講演会
箕岡真子さんは、夫と一緒に診療所をやりながら、生命倫理、とくに最近では認知ケアの倫理について、活発に発言しています。

いずれもすばらしいそれぞれの講演でした。

心にのこった言葉を思いつくままに書いてみます。

伊藤さんから:
花の谷クリニックの診療の特徴は、疾患の縛りがない、治療の縛りがない、ということ。つまり、がんやエイズの末期に限らず、苦痛を伴う状態であればだれでもがケアの対象になるということ。

緩和ケアの三つのステップを大切にする。
1)日常生活の基本を支える=食べること、排泄すること、体を清潔に保つこと
2)どんな病気や障害、老いであってもそれを抱えて人が社会の中で生きることを支える
3)看取りは、「自然に帰る」という思いでささえあう

死の受容についても、興味深い話がありました。

さて、箕岡さん。
実は先月も、岡山で認知症ケア学会の研修会でご一緒したのです。
そのときもずいぶん勉強させられましたが、今回も勉強になりました。
「おだやかに逝きたい 最後までやさしく見守りたい 元気だったあの頃を思い出して」というキャッチフレーズの入った今回のちらしでした。

「看取り」の定義は? で始まった講演でした。
平穏な死、自然な死、あるいはお迎えが来た、という言い方の中には、人間の尊厳が含まれる。
しかし、現在のいわゆる看取りの現状は、そこに倫理的な熟慮がなしに、行われていることに問題がある。
医療現場では、延命のための過剰医療が、一方の福祉の現場では中には、みなし末期ともいうような現実が・・・
時間がみじかっかったので、かなりはしょった言い方でしたが、本質を突いた鋭い指摘に、会場はみんな熱心に、身を乗り出して聴いていました。

認知症ケアの倫理、という難しそうな講演会に、200人以上の聴衆が参加したことにもびっくり。

詳しい内容はとてもここではかけないくらいですが、とりあえず、お二人の著書を紹介しておきます。
必読です。

51yv8c9atjl_sl500_aa300_  41q0cvphpfl_sl500_aa300_


|

« あじさいの季節 | トップページ | 現地訪問近づきました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69958/55299250

この記事へのトラックバック一覧です: 花の谷クリニックと「認知症ケアの倫理」:

« あじさいの季節 | トップページ | 現地訪問近づきました。 »