« 仙台にて 2 あさひ鮨と火星の庭 | トップページ | 仙台にて 3 火星の庭 »

2011年11月25日 (金)

気仙沼にて 6

気仙沼の面瀬中学校仮設住宅の支援活動には、全国からボランティアが参加している。
2,3日の滞在から、2週間以上の長期の滞在まで。
私が到着した11月6日(日)夜には、リーダーのNナースのほかに、島根からのTナース、大阪からの若手Mナースがいた。

この1ヶ月ほどのボランティアは、20名ほどに上る。
みな、文字通りの手弁当で、駆けつけてくれている。

当院からも2人のナースが、それぞれ2回、参加してくれた。
Yナースは4月に1週間ほどと10月に約2週間。
Jナースは5月と8月にそれぞれ1週間ほど。

3月、4月は、避難所での支援活動、水や電気も不自由なところでの支援は大変だったろう、と報告を聞きながら思っている。
仮設になってからも活動を継続しているのは、日本ホスピス・在宅ケア研究会(日ホス)だけで、これは副理事長の黒田裕子さんの、阪神大震災の仮設での、自殺者や孤独死が多かったことを踏まえ、息の長い、継続的な支援が必要だという考えにもとづくものだ。

あらためて現場をみて、なるほど、と実感した。

自分だったらこの仮設住宅に、とても住むことができないだろう。でも、現実になったらどうなのだろうか?
また、身内を津波で亡くして自分が生きていくことを、どうやって正当化することができるだろうか?
阪神でも仮設での自殺や孤独死、引きこもりが多かったと聞く。東北ではどうなのだろう?地域によって気質や文化背景が違うのではなかろうか?

いろんな思いが心をよぎる。

ボランティアの役割ってなんだろうか?

自分が学ぶため?? それとも、現地の人々に何かをしてあげられるのか?

ともかく、情報の発信が必要だと感じた。

ここで起きていること、行っていること、考えていることを人々に伝えることが必要だ。

そう思って、「面瀬からあなたへ」というホームページを作ってみた。

http://miyagiomose.jimdo.com/

できれば現地で管理、発信してほしいが、現実にはなかなか難しい。

皆でフォローしていければいいが。

|

« 仙台にて 2 あさひ鮨と火星の庭 | トップページ | 仙台にて 3 火星の庭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69958/53270357

この記事へのトラックバック一覧です: 気仙沼にて 6:

« 仙台にて 2 あさひ鮨と火星の庭 | トップページ | 仙台にて 3 火星の庭 »