« 再び、経済格差は人間格差ではない | トップページ | 帰国が近づいて »

2011年8月24日 (水)

さよならパーティの文化交流

今日23日、ダッカに戻りました。

22日村での最終日。看護学校の件、ションダニと手をつなぐ会の関係など重要な事項について、最終的な話し合い、確認を行いました。

Sdscf3919

手をつなぐ会は、ションダニの活動全体を支援すること、会計も相互にオープンにすること。

看護学校建設に関して、具体的に行動を開始すること、などを確認しました。

我々は、これから日本に帰って、手をつなぐ会の取り組みを検討します。

夕方からは、恒例の送別会。日本とバングラの出し物を競い合います。

バングラに人たちは、歌や詩の朗読、それに踊り、劇、と多彩な出し物。

特に、ヘルスワーカーのエクラムルの脚本による寸劇は、言葉はわからなくても、見ているだけで笑えるもので、毎年楽しみです。

ほかにも、男女の歌声、タゴールの詩の朗読など、文化面では実に豊かなものを感じさせられます。

Sdscf4043  Sdscf4060

写真は、全員による国歌斉唱(アマル・ショナル・バングラ)と、寸劇の一こま。

対する日本側。今年はまず、料理で挑戦。

Sdscf3945  Sdscf3948

上野さんをリーダーとする女性陣が、フルーツ入りのパンケーキとチャーハンでバングラ人の舌を唸らせました。

日本側の出し物は、炭坑節、四季を代表する歌、ハモニカとオカリナ演奏、ふるさと合唱でした。残念ながら、写真は残っていません(笑)

Sdscf4067

現地で作った民族衣装に身を包んだ日本女性たち。

|

« 再び、経済格差は人間格差ではない | トップページ | 帰国が近づいて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69958/52554161

この記事へのトラックバック一覧です: さよならパーティの文化交流:

« 再び、経済格差は人間格差ではない | トップページ | 帰国が近づいて »