« することが何もなかったら、苦しかろう | トップページ | バングラデシュ現地訪問2011のお誘い »

2011年6月 4日 (土)

5/28震災支援チャリティコンサート&報告会

2011052801 2011052802

5月28日(土)午後、東日本大震災の被災者支援チャリティコンサート&ボランティア報告会を行いました。

この5月から、毎月1回、いろいろな方をお呼びして、コンサートとボランティア報告会を行おうと思い立ったものです。

クリニックのスタッフが、各回数名ずつ担当して、準備に当たってくれています。

その最初のコンサートでした。

おなじみ、オカリナ&ギターのデュオSHANAに出演をお願いしました。
すっかり定着した2人の演奏は、いつ聴いてもいいものですね。

演奏は「ふるさと」で始まりました。

3.11以後に聞く「ふるさと」の曲は、文字通りふるさとを流され、奪われた人たちのことを思い出し、じんと来るものがあります。

途中で、かわいい二人の姉妹を見つけたSHANAさん。
子どもたちのためにとなりのトトロの「さんぽ」を急遽演奏してくれました。

その後も、「七つの子」「アメージンググレース」など、最後に「はなみずき」まで、SHANAさんの思いをこめた演奏でした。

続いて、当院看護師2人からのボランティア報告です。

2011052803 2011052804 2011052805

当院からは、山中、三浦の2人の看護師が、気仙沼市の面瀬中学校体育館の避難所に救援に行きました。

山中ナースが4月初め、三浦ナースは5月の連休の時期でした。

震災直後、時間がたってからの時期、それぞれに見えるもの、必要とするものが異なってくるようです。

山中ナースは震災から20日ほどの時期、避難所の衛生環境の整備(トイレ掃除など)から始まり、在宅で非難している方たちへの支援も行ってきました。

三浦ナースは、2ヶ月近く避難所暮らしを続ける方たちへの支援です。
避難所の中でも、いろいろな人間関係のトラブルや、心の問題を抱えて大人や子どもたちがいたようです。

それぞれのナースにとっても貴重な体験だったでしょうし、それぞれの家庭、子どもたちにもきっと何かを残すことでしょう。

そして、私たちにのさかクリニックにとっても、貴重な経験として共有して行きたいと考えています。

これからも、毎月開催します!!

次回は6月25日(土) グランドハープの池田千鶴子さんをお招きしてのコンサート。

報告は、福岡市で被災者受け入れ支援を進める、市民ネットワークの方たちです。

お近くの方は、ご参加ください。お待ちしています。

|

« することが何もなかったら、苦しかろう | トップページ | バングラデシュ現地訪問2011のお誘い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69958/51855282

この記事へのトラックバック一覧です: 5/28震災支援チャリティコンサート&報告会:

« することが何もなかったら、苦しかろう | トップページ | バングラデシュ現地訪問2011のお誘い »