« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月31日 (木)

在宅ホスピスフェスタ&バングラデシュバザー

21日には「在宅ホスピスフェスタ」を開催。

福岡県と「ふくおか在宅ホスピスをすすめる会」の協力で、今年初めて開いたものです。

アクロス福岡4階の国際会議場で、コンサート、ビデオ上映、ポスター展示、福祉医療機器展示、相談コーナーなどが行われました。

Festa01 Festa02  Festa03

初めての試み、テーマは「在宅ホスピス」、しかも大震災の直後という条件でしたが、たくさんの方々が立ち寄ってくれました。

おなじみSHANAさんの、オカリナとギターの心に響く演奏で始まった、在宅ホスピスフェスタ。

テレビ放映された番組や、在宅患者の写真を編集したビデオなども繰り返し上映され、聴衆の関心を誘いました。

Festa04  Festa05  Festa06

ポスター展示には、福岡県の施策、訪問看護ステーションや在宅療養支援診療所の活動、ボランティアの活動など、色とりどりのポスターが並びました。

また、ヨーロッパのホスピスを訪ねた写真も展示されました。

実際に在宅ホスピスで使用できる、福祉機器、医療機器、薬剤なども展示され、より身近に在宅ホスピスを感じていただけたのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

この2週間・・・

昨日(19日土曜)、札幌でした。

札幌ホスピス緩和ケアネットワーク特別講演会です。
メインの山崎章郎さんが参加できず、会の開催が危ぶまれたのですが、何とか開催にこぎつけ、行ってきました。
参加者も、事前の広報不足(震災のため、やむをえません)、山崎さんの不参加、のためようやく200名あまり。
「日本のホスピス緩和ケアのあるべき姿」という大きなテーマでしたが、在宅ホスピス、人権運動としてのホスピス、という視点から話をし、札幌ホームケアクリニックの前野宏さんと対談してきました。

東北関東大震災の直後という、未曾有の事態に直面して、人々は何をなすべきか、戸惑っています。
私もその一人です。

直後の緊急援助から、被災者の救援活動に移っていますが、文字通り史上最悪の災害に、どう立ち向かったらいいのか??

特にこれから、避難所やたとえ自宅に戻っても電気や水道のないところで生活せざるを得ない人たちに対して、私たちはどんな支援ができるのか?

日本ホスピス在宅ケア研究会の黒田裕子副理事長は、震災の翌日には出発し、緊急救援に出かけました。
医師会や全国在宅療養支援診療所連絡会のメンバーの医師たちも、続々と現地へ入り、被災者の方たちの健康管理、健康回復、そして復興のための支援に参加しています。

NGO福岡ネットワークでも、同じような中間支援型のNGOなどと連携して、支援活動に乗り出そうとしています。

クリニックでも、何とか支援活動ができないか、と皆で考えています。

医師や看護師を派遣できればいいのですが、180人ほどの在宅患者、そのうち10人余りは末期がん患者という状況で、動きがとれません。
「うちに救援に来てくれれば・・・」という看護師の言葉が、冗談とは言えない状態です。

今は、しっかりと情報を集め、耳を澄まし、私たちのできることを考えていきます。
また、足場を固める、地に足のついた活動をする、ということを念頭に置いて行きたいと思います。

災害を受けながら、避難所で厳しい寒さの中での生活を強いられながら、助け合って生きている人達、一人でも多くのいのちを救いたいと救援活動を行う人たち、それぞれの生活を守りながら、祈り続ける人たち・・・いろんな人たちの話が、新聞やテレビ、インターネットを通して入ってきます。
多くの人たちが、自分の立場で、精一杯の行動をしていることに、頭が下がります。

日本人の真価が試されているのかもしれないと感じます。

まとまりませんが、混乱した思いのままに・・・


明日はそれでも、『在宅ホスピスフェスタ』の日です。

午後1時から、アクロス福岡で、在宅ホスピスを一般市民に知ってもらうためのイベントです。

中止も考えましたが、ともかく前に進むためにも、何とか開催しようと思います。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

スピリチュアルケア

新大阪で、在宅ホスピス実践シンポが開かれた。
半年に1回開かれているもので、幅広いテーマに関して、少人数でじっくりと時間をかけて語り合う。

今回は、山口大学の谷田憲俊さんによる、「実践現場でのスピリチュアルケア」

スピリチュアルケアに関しては、いろいろな人がいろいろなことを述べているが、彼の話は一番わかりやすく、現場になじむと思っている。

『患者・家族の緩和ケアを支援するスピリチュアルケ』という谷田さんの著書をベースに話は進んだ。

続きを読む "スピリチュアルケア"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

トイレの神様

01


トイレの神様、という歌が流行っている。

トイレには 

それはそれはきれいな 女神様がいるんやで

だから毎日キレイにしたら

女神様みたいにキレイにべっぴんさんになれるんやで


クリニックのトイレにも、トイレの神様がいる。
毎月、手作りの優しい感じの人形が、いつの間にか飾られている。

いま飾られているのは、ウサギとニンジン。

正月には、奴凧と獅子舞だった。

Img_0151

ボランティアの方が、いつも心配りをしてくれる。

クリニックには、トイレの神様が、いる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »