« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月31日 (金)

にのさかクリニック今年のできごと ①

2010年のできごとをふり返ってみました。

3回にわけて、ふり返ってみます。

1)在宅ホスピスのひろがり

Aera07 2

 在宅対象の患者さん、在宅ホスピスを希望する患者さん、そして在宅で看取った患者さんとも徐々に増えてきています。当院の在宅ホスピスの実績が認められたというばかりでなく、在宅への政府の誘導、国民の意識の変化など多くの要因があります。
数だけでなく、ケアの提供においても質の向上に努めています。看護師の確保と研修、ネットワークなども次第に発展してきました。

2)デイホスピス
Cimg0064在宅で過ごす患者さんは、外とふれあう機会があまりありません。特にがんなどで終末期を過ごす場合は、家族も介護にかかりきりで、自分の時間が持てないことがあります。そのような患者さんや家族のために、日中のケアを少しでも提供しようと、デイホスピスを初めて1年になりました。

まだ月に2回だけですが、ボランティアの参加もあり、また患者同士、家族同士の様々な出会いもあり、意義深いつどいになっています。

3)在宅ホスピスボランティアの活動

3年にわたって福岡県との協力で行ってきた「在宅ホスピスボランティア養成講座」の修了生が、現場で活動するようになりました。

090208_140836s

デイホスピスの運営、自宅での見守りなど、コンサートなどのイベント参加の支援、クリニック待ち合いでのボランティアなど色々な場面での活躍が見られるようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 6日 (月)

中学校で「いのちの授業」

先月、佐賀県の中学校で、「いのちの授業」を行った。
学校で話すことは時々あるが、今回は学校の養護教諭からの依頼だった。
中学生や高校生、小学生への、いのちの授業、死への準備教育の重要性は、子ども共育HAKATAの活動を通して認識しているつもりだが、実際にはむずかしい。

2010111902s

まず、学校なので、時間は午前中か午後の速い時間。
診療を抜けていくしかないので、現在の状態では非常に難しい。
今回ややむなくその時間を、非常勤の医師に頼んで出かけた。

対象は1年生から3年までの全校生徒、約700人。
これもまた、大変なことだ。
中学時代は、体も心も大きく変化、成長する時期。
1年生と3年生とでは、いろいろなことで大きな差がある。
それを一緒にまとめて話をするのは、容易なことではない。

中学生を相手に、75分間、退屈させずに話をするのは、これも大変。
以前にある中学校でやはり全校生徒を対象に話をしたことがある。
昼間の体育館で暗幕もなく、スライドもほとんど見えない。これには苦労した。
それでも、子どもたちの写真が出てくると、中学生は食い入るように見ていたのを思い出した。

さらに難しいのは・・・・

続きを読む "中学校で「いのちの授業」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »