« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月21日 (日)

家族のケアの力 その3

KさんとSさんが土曜日の朝、続けて亡くなった後、Yさんが亡くなったのは、日曜日の夜。
70台後半のYさん。
2年前から、肺がん手術、脳転移に対する放射線治療、開頭手術などを受けてきた。
地域の拠点病院から、近くの診療所に通院して治療を受けていたが、在宅ケアを希望して当院に紹介された。
在宅を開始してから、半年近くになっていた。

眺めのいい高層のアパートに、奥さんと息子さんと3人で住んでいた。
症状は、脳転移からくる右の手足の不全麻痺と軽い言語障害、肺がん再発からの咳や痰が主で、痛みはなかった。
いつも居間のソファに座って、私たちを迎えてくれた。
トイレは介助で歩行していけるが、外出はできない状態だった。

退院して3ヵ月後。
Yさんが、お盆にお墓参りにいくと言い出した。
それも、大分県のお墓だという。
今年の夏は異常な暑さだった。
お盆の渋滞も大変だろう。渋滞で動きが取れないとき、具合が悪くなったらどうするか?
心配したが、まずはYさんの希望をかなえたい。
暫く水分補給のための点滴を行って、お墓参りに備えた。

お盆の渋滞の時期を避け、少し早めにお墓参りを無事に済ませたYさん。
その後もしばらく落ち着いた日々を過ごした。

続きを読む "家族のケアの力 その3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月12日 (金)

家族のケアの力 その2

Kさんのお宅から、すぐ近くにSさん(80台、男性)のうちがある。
糖尿病、慢性腎不全、高血圧症などを持っていたが、この夏、体調不良を訴え、検査で胆管癌がわかった。
手術は不可能。
胆管の閉塞が見られ、ステントを挿入した。
見舞いに来る妻に毎日、「家に帰りたい」と訴え続けていた。

最近は、中核病院からの依頼が多く、退院前にカンファレンスを開いてくれることが多い。
そこで、病院側のスタッフとも顔をあわせ、在宅の側からの問題意識をぶつけ、調整してもらうこともある。
もちろん、患者本人、家族とお会いして、安心して自宅に帰れるようにすることも大きな目的だ。
多くの場合、初対面の患者、家族は不安な表情が多い。
在宅へ帰る不安、症状が悪化したときの不安、それに加えて、初めて出会う医師に対する不安・・・
一回の面談でその不安を取り除くのは難しい。
私は、笑顔と自信がその不安を取り除くのに有効だと思っている。

さて、Sさんと家族の場合はどうだっただろう?

それはともかく、Sさんは自宅に帰った。
すでに足が弱って、立つこともできなくなっており、2階の自室までは介護タクシーのヘルパーたちに抱えられて、ストレッチャーのままで上がった。

家に帰ったSさんの顔には、不安はなく、穏やかさが戻っていた。
それでも、家族の不安と希望の中で、在宅ホスピスケアが始まった。

続きを読む "家族のケアの力 その2"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火)

家族のケアの力 その1

土日で、3人の方が亡くなった。
いずれも、80歳前後の男性のがん患者さん。
原発がそれぞれ胃、肝、肺と異なっているが、いずれも主介護者が妻で、娘さんまたは息子さんが、同居か近くに住んでいて、介護に協力しているところも同じ。
この1週間あまりは、午前中訪問看護ステーション、午後からにのさかクリニックの訪問と、一日2回の訪問を行ってきた。
加えて、夜間に吸引などが必要なときは、訪問看護ステーションが呼ばれて出動した。

三人とも、奥さんや娘さん、息子さんたちに囲まれた、落ち着いた、穏やかな最期だった。

しかし、いずれも最初から在宅での最期を目指したわけではなかった。

三人とそれぞれの家族が、在宅ホスピスの中で、どのように、「ケアの力」「看取る力」を獲得して行ったのだろうか、振り返ってみたい。

続きを読む "家族のケアの力 その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

在宅医療推進フォーラム(九州大会)開かれました。

Forum01 Forum02 Forum03 

九州在宅医療推進フォーラムは、10月31日(日)に、福岡国際会議場で開かれました。

九州各地から、200人あまりの在宅医、訪問看護師、市民の方たちがが駆けつけてくれました。上の写真は左から、和田忠志先生の基調講演「今なぜ在宅医療か」、中央は中野一司先生の「全国在宅療養支援診療所連絡会九州ブロック発足の経緯」、右端は私(二ノ坂)の会長挨拶です。

Forum08_3Forum09_3 Forum10_3

シンポジウムは、九州各県の在宅医、訪問看護師たちの発表。
熱気あふれる発表でした。

Forum11_3 Forum12_2 Forum13_2

Forum14Forum15 Forum16

午前11時の開始から午後5時近くまで、皆さんの熱気が会場を覆っていました。

会場からの質問や意見も飛び交い、参加者それぞれがお互いのエネルギーを持ち帰ったのではないかと思います。

皆さんのご協力に感謝いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »