« 縁のかたち、ケアのかたち | トップページ | 9/11(土) 緩和ケアを学ぼう »

2010年9月 3日 (金)

折り鶴は難しい

バングラのことを思い出しながら、また書いてみます。

Orizuru03   Orizuru01_2

ジャパニ小学校は、手のつなぐ会の前身「バングラデシュに小学校をつくる会」の募金活動でできた、いわば私たちの活動の原点といえるところ。
しかし最近は、教員不足や教員の熱意不足?で、あまりいい印象を持っていませんでした。
でも、昨年あたりから父兄による運営委員会が熱心に改善に取り組み始めています。

今年は、そのジャパニ小学校も訪問し、生徒や教員たちと交流をはかりました。

Orizuru02   Orizuru04

写真は、小学生たちにおりづるを教えているところ。
日本では、誰でもが知っている(と思いますが)定番です。ところが・・・


二つに折り、四つに折り・・・もうこの辺からあやしくなります。
羽を作るところは、全く進みません。
さらに、首としっぽを折って・・・となると、子どもたちの動きは止まってしまいました。

結局、日本人たちが一人一人に、全部作ってあげることになってしまったのです。
結構大変ですね。
皆、汗をかきながら、子どもたちの喜ぶ顔を励みに、折り続けました。

祈りを込めた千羽鶴は、きっとこの大変さをとおして願いごとの実現を期待したのでしょう。

|

« 縁のかたち、ケアのかたち | トップページ | 9/11(土) 緩和ケアを学ぼう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69958/49337122

この記事へのトラックバック一覧です: 折り鶴は難しい:

« 縁のかたち、ケアのかたち | トップページ | 9/11(土) 緩和ケアを学ぼう »