« 暑い、熱い | トップページ | 若者たち »

2010年8月19日 (木)

バザールの変化

20100816_07 20100816_08

この写真を見て、バングラデシュをご存知の方は、あれ?と思うでしょう。
村のバザールの写真です。
カラムディ村ではここで週2回バザールが開かれます。
この日は、バザールの日ではありませんでしたが、店が3軒開いていました。


そうですね。
女性が店をしているなど、バングラの田舎では、これまで考えられなかったことなのです。

イスラム教の影響からか、女性が外に出ることが少なく、仕事はもちろん、買い物も男性の仕事とされてきました。ですから、バザールでは、売る方も買う方も、男性ばかり、だったのです。
今年初めて女性が店をしているのに出会いました。

聞くところによると、政府が女性の社会進出を進めており、このように店を持つことに助成金を出している、ということでした。なるほど。

それにしても、この僻地の村でも着実に変化が訪れているのですね。


その店のおばあさんが出てきて、私たちに聞いてきました。

「大木さんはどうしていますか?」

私たちの会を設立し、率先して活動してきた前会長の大木松子さんのことです。
彼女が何度も村を訪れたことを覚えており、どうしているのか、と聞いてきたのです。
ありがたいことだと思いました。
彼女たちにとっては、大切な思い出の人なのかもしれません。

・・大木さんは今、記憶を失う病気にかかっていて、島の老人ホームで暮らしています。でも、あの笑顔は変わりませんよ・・・

と答えました。

|

« 暑い、熱い | トップページ | 若者たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69958/49186268

この記事へのトラックバック一覧です: バザールの変化:

« 暑い、熱い | トップページ | 若者たち »