« 花見 | トップページ | バングラデシュ・チャリティバザーご案内 »

2010年4月 7日 (水)

命がけの「こい」

91歳のOさん。
昨日病院から退院してきた。
2週間前に左半身の軽い麻痺と言語障害を生じ、救急病院へ。
脳橋部梗塞が発見されたが、初期治療で麻痺が改善すると、退院願望が強く、2日後には無理矢理退院した。

しかしそのまた2日後には、ふらつきがひどくなり、別に病院に入院となった。
今度は少しおとなしくリハビリに励んでほしい、と思っていたが、今度も1週間で我慢できずに強引に退院してきた。

退院した日は落ち着いており、夕食も普通に食べた。
夜は、池の鯉のえさやりに庭に出て、その後入浴して休んだ。
やや足下はふらつくが、何とか生活は自立できそうだった。

ところが・・・

今日の朝からふるえが来て、熱が40度まで上昇。
家族から大慌てで電話がかかってきて、往診となった。

特に咳や痰はなく、尿閉や尿混濁もないようだ。
それにしても40度の高熱の原因は???

昨夜庭に出て、鯉にえさをやったときに風邪を引いたのか、と家族の弁。
命がけの「鯉」ですね・・・と笑えない冗談をいう私。

Oさんの帰宅願望にはしかし、背景がある。

実は奧さんが頚髄損傷後の寝たきりの状態で在宅で過ごしている。
その奧さんの世話は、訪問看護や介護の支援を受けながら、Oさんがほとんど行っているのだ。退院してちょうど1年になる。

なんとしても自宅に連れ帰りたいOさんは、家族や病院の反対を押し切って、胃瘻と、膀胱にもカテーテルをいれている奧さんを、強引に自宅に連れ帰った。
最初はOさんの強引さに、かなり面食らった我々だったが、次第にOさんのやり方を受け入れるようになった。

膀胱のカテーテルを外したい、といったときは、尿路感染が起こったときは再挿入します、という条件で外してみた。もちろんその後は、訪問看護による一日3回の導尿でフォローしている。幸い、高熱を伴う感染はないが、導尿最終の混濁は見られる。

家の風呂に入れたい、という希望を訴えたときは、座位になるだけで血圧が低下する奧さんの状況から、無理だろうと判断した。しかしOさんは、これも強引にリフトを設置し、訪問看護による入浴を強行、結果として奧さんは自宅での入浴を楽しんでいる。

つまり、Oさんの帰宅願望は単なるわがままではなく、奧さんのことが気がかりで、介護のために家に帰らないといけなかったわけだ。

だから、Oさんの脳梗塞発症時も、Oさんの入院の手配と同時に、奧さんの入院の手配も行わないといけなかったのだ。
そして、Oさんが再入院した病院は、奧さんが入院した病院、という次第。

立位、歩行のバランスがまだ十分にとれないまま、奧さんの介護のために、命がけで自宅に戻ってきたのだった。

結婚して○十年。
文字通りの、命がけの恋、である。

|

« 花見 | トップページ | バングラデシュ・チャリティバザーご案内 »

コメント

はじめまして、馬場徹也と申します。
「91歳Oさん」の義理の息子(長女婿、東京在住、一度家でお逢いさせていただいております)です。
ブログを拝見させていただきました。
父の件では本当に色々とお世話になっており、心から感謝申し上げます。
父も母が認知症気味になり始めの頃は、なかなかその現実を認めようとはせず、かえって母に厳しく対応していた時期がありました。
そしてようやくその現実を認め母の面倒を真剣に見始めたときに、母の頚髄損傷後の寝たきりの状態になり、さすがの父もその状況の変化に茫然自失気味になり我々も大変心配しました。
先生が仰るとおり、母を病院から自宅に連れ帰ると言ったときは皆で反対しました。
しかしその時の父の言葉が「彼女は君達子供の母親である前に俺の妻だ、子供達とは考え方が違う、これから両方とも余命長くない、残された時間は出来る限り共に過ごす」でした。
それまで言う父に反対は出来ませんでした。
後は、最大限のバックアップ、フォーローををして、父の病気・特に怪我をさせないよう(じっとしていない父には難しいが)するのが子供の役割だと感じております。
隣の土地に引っ越す計画も進めておりますが、私もまだ東京で仕事を持っているため
今すぐという訳にはいかずその間妻に苦労をかけるが、東京・福岡往復での親孝行に精を出してもらう所存です。
そのためにもこちらも69歳で何かあってもおかしくない年齢ですが健康に気をつけて頑張って降ります。
長々となりましたが今後ともよろしくお願い申し上げます。

投稿: 馬場徹也 | 2010年4月 9日 (金) 23:16

馬場さん、書き込みありがとうございます。
お父様がお母様の在宅介護を始めるに当たっては、いろいろな経緯があったのですね。十分把握できないまま書いてしまいました。
昨日は、お父様がACBで見つけたきた、面白いお猪口をいただきました。
毎日、お父様に関する新しい発見があります。健康を回復されることをお祈りしています。

投稿: にのもんた | 2010年4月11日 (日) 00:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69958/48026134

この記事へのトラックバック一覧です: 命がけの「こい」:

« 花見 | トップページ | バングラデシュ・チャリティバザーご案内 »