« バングラデシュ・チャリティバザーご案内 | トップページ | 五ヶ山でオカリナ »

2010年4月11日 (日)

バザー盛況でした。

バングラデシュと手をつなぐ会のバングラデシュ・チャリティバザーは、本日無事に終了しました。

Bazar2009s
この絵は、昨年のバザーの様子を会員のM氏が描いたものです。

あいにくの曇り空。午後からは一時雨模様となりかけましたが、何とか最後まで持ちこたえました。

雨が来そうだったので、12時半からの予定を10分早めて、オカリナグループ「ひまわり」による演奏を開始。初めてオカリナを聞いた女性の「癒されました。」との言葉に、ひまわりグループはますます練習意欲をかき立てられました。

午後1時前からバザー開始。

あいにくの天候にもかかわらず、ご近所の方たち、当院の外来患者さんや家族の方、在宅患者の家族や、遺族の方たち、ひまわりグループが慰問に訪問しているデイケアグループなど、いろんな方が参加してくださいました。

出店は、障害者施設の碧園(みどりえん)、ぜんざいと漬け物のIさん、バングラデシュカレーのシャヒダさん、Mさんのパウンドケーキ、などなど毎回多彩になってきています。
(漏れている方がいるかもしれません。すみません。)

 

バングラデシュと手をつなぐ会のバザーは、毎年春と秋の2回、にのさかクリニックの駐車場で行われています。
元々は、手をつなぐ会の事務所のある西新の商店街で行われていたのですが、手続きが面倒なことや、場所が確保しにくいことなどから、野芥のクリニックに移した経緯があります。

クリニックがてんぐやビルにあった頃も、ビルの前の空き地(駐車場)で行っていましたが、共有の場所であることや土地が斜めになっていることなどで、何かと使い勝手が悪かったのですが、昨年現在の土地に移ってからは、準備も含めて、ずいぶんやりやすくなりました。

また、Iさんはじめ地域の方たちの協力も特筆すべきものがあります。
Iさんは会員として活動してくださっていますが、手際の良い準備、リーダーシップ、それに地域への働きかけにおいては、非常に大きな役割を果たしてくれています。

Iさんばかりでなく、会員の皆さんがそれぞれに役割を果たし、力を発揮してくれて、今回のバザーが、みんなの作品として、完成しました。

そして、何よりも地域の方たち、参加してくださった方たちが、みんなでこのバザーと会を盛り上げてくださって初めて、バザーと会が成り立っているのです。

終了後のミーティングでラフマンさんが言った言葉が印象的でした。
「事務所にいるだけでは見えない、たくさんの方たちの支えで会が成り立っているということを、今日のバザーで実感できました。」

|

« バングラデシュ・チャリティバザーご案内 | トップページ | 五ヶ山でオカリナ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69958/48058905

この記事へのトラックバック一覧です: バザー盛況でした。:

« バングラデシュ・チャリティバザーご案内 | トップページ | 五ヶ山でオカリナ »