« 沖縄にて・・You raise me upに感動 | トップページ | 富山にて »

2010年3月 9日 (火)

いのちはレントゲンにうつらない

Img Kansou01

市内の中学校の「社会人講話」で話をしました。
いろんな職業の人が来て、話をし、生徒たちは希望の教室に行って、話を聞きます。

ケーキ屋のおじさん、美容院のお兄さん、栄養士のお姉さん?などいろいろな方が10名あまり来ていました。
私は、今年で3年目になります。

40人ほどの生徒を相手に、2回話をしました。
病院(一般的な医療機関という意味)では、医師、看護師だけでなく、いろいろな人が働いていること、それに在宅ホスピスでどんなことをやっているのか、ということを中心に30分ほどの話、そして質問タイムです。

医師として、特に在宅ホスピスで患者さんたちと向き合ってきた中で、感じたこと、考えたこと、学んだことを話しました。

その中で、

「いのちはレントゲンにうつらない」

というバングラ出身の医師スマナ・バルアさんの言葉を紹介しました。

生徒たちは、特に今年は熱心に聞いてくれたように思います。

医師や看護師になりたいという子どもたちもいました。

話していて、私の言葉がしみ通っていくように感じられる子たちもいました。

後日、送ってくれた感想文には、「いのちはレントゲンにうつらない」という言葉が心に残った、という子どもたちがたくさんいたのが、うれしかったです。

|

« 沖縄にて・・You raise me upに感動 | トップページ | 富山にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69958/47768272

この記事へのトラックバック一覧です: いのちはレントゲンにうつらない:

« 沖縄にて・・You raise me upに感動 | トップページ | 富山にて »