« 富山にて | トップページ | 花見 »

2010年3月22日 (月)

3/21在宅ホスピスフォーラム終了

ご案内しました3/21の在宅ホスピスフォーラムが無事に終了しましたので、ご協力のお礼を共に、簡単にご報告いたします。

アクロス福岡4階の国際会議場には、200名以上の方が参加してくださいました。
参加者は、「在宅ホスピスボランティア養成講座」の修了者およびボランティア関係者、在宅ホスピスを経験した遺族の方たち、医療、福祉関係者、その他関心をお持ちの方たちなど幅広い方の集まりでした。
メイリングリストなどでお知らせし、遠方から駆けつけてくださった方もいました。

第一部は、県の担当者から「福岡県における在宅ホスピスへ取り組みの現状」と、ボランティア養成講座担当の平野さんから「在宅ホスピスボラ ンティア養成講座の3年間」について報告がありました。

福岡県の森課長の講演は、福岡県の在宅ホスピスの取り組みを紹介した後、最後は
・・県民が望む場所で療養し
    望む場 所で死を迎えられる
      そんな福岡県にできるよう・・・
というまとめの言葉でした。

ボランティア講座の修了生は、3年間で300人に上ります。
全員が、というわけにはいきませんが、すでに各地で多くの人がボランティ アとして活躍しています。

第二部に移る前に、ご存じShanaさんのオカリナとギターの演奏があり、今回は加えて、齋藤Drの歌「旅立つ日」の独唱もありました。

後半第二部は、私の基調講演と、ボランティアと遺族によるフォーラムでした。

私の講演は、「ここまでできる在宅ホスピスケア」とい うテーマです。
内容を簡単に箇条書きにしてみます。
1.ケアの力を引き出すのが在宅ホスピス
    セルフケア
    家族ケア
    コミュニティケア
2.死生観を問い直す
    例として、今日は死ぬのにもってこいの日
3.在宅ホスピ スを支える人と技術
    人のネットワーク
    在宅を支える技術の進歩
4.在宅ホスピスにおけるボランティアの可能性

フォーラムでは、久留米の齋藤Dr、訪問看護師とともに活動するボランティアチーム、および遺族の方が参加し、乳がんで亡くなった50代女 性の在宅生活をふり返り、ボランティアの意義を再確認しました。

ご参加、ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。

|

« 富山にて | トップページ | 花見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69958/47882598

この記事へのトラックバック一覧です: 3/21在宅ホスピスフォーラム終了:

« 富山にて | トップページ | 花見 »