« ホスピスへの遠い道 | トップページ | 11/22バイオエシックス研究会<米沢ゼミ>開催 »

2009年11月11日 (水)

もう一つの名古屋~核といのちを考える

名古屋では、もう一つのイベントに参加しました。
世界平和アピール7人委員会主催の講演会「核といのちを考える」です。
1955年11月に結成、以来50年以上にわたって世界に向かって、平和のアピールを行ってきたグループです。

         20091111231015273_0001

メンバーは日本の各界を代表する知識人たち。高齢の方も多く、メンバーも入れ替わっています。現在のメンバーと、今回の講演テーマは、以下の通りです。

・もし核武装したら(仮)   井上 ひさし
・日本の核政策への注文と期待 土山 秀夫
・七人委員会と核のない世界  小沼 通二
・いのちの多様性  武者小路 公秀
・いのちに敵対するもの  池田 香代子
・いのちを問う~枯れ葉作戦の残したもの  大石 芳野
・宇宙・地球・生命  池内 了

私は、長崎大学時代に土山先生に公私ともに大変お世話になっており、長崎大学の学長までお務めになった土山先生のその後の活動にも敬意を持っていました。
今年の12月には、私のクリニックで講演会を開催したいとお願いして、快諾していただいています。
名古屋に立つ直前に、たまたまこの講演会のことを知り、締め切りを過ぎていましたが、大急ぎで中日新聞社に申し込み、入場はがきを送ってもらったのです。

さて、名古屋で、一日目のシンポを終えて、夕方からの講演会に出席しました。
井上ひさしさんは体調不良のために欠席でしたが、そうそうたるメンバーをそろえた講演会に、私は「死の臨床研究会」の懇親会をキャンセルしたのでした。

講演の内容は、それぞれに興味深く、レジュメにメモをとりながら熱心に聞きました。
わが国の叡智、といわれる人たちの考え、言葉をしっかりと受け止めよう、と。

ところが・・・・・・

10分ほど前に会場に着き、2階の会場に上がる階段を上っていると、私以外に誰もいません。
会場の受付には、商工会議所のメンバーと思われる若い方たちが数人、受付をしています。入場はがきを提出して中に入ると、300人くらい入るかと思われる会場の前の方の椅子に数十人くらいでしょうか、大部分が年配の方たちが座っていました。

「え!???」

日本を代表するメンバーが七人。
50年以上の活動を続けてきた七人委員会の、年に一度の講演会。
主催は、中日新聞社。
共催に、名古屋青年会議所
しかもテーマは今、オバマ演説を契機に盛り上がりつつある「核廃絶運動」
翌週にはオバマ大統領の来日も間近という時期。

ひょっとしたら、入りきれないのではないかと、あふれるばかりの聴衆を想像していた私は、びっくりするやら、がっかりするやら・・・

それでも講師の話に熱中しながら、ひしひしと危機感が募ってくるのを感じました。

質疑応答の中で、若い女性が質問しましたが、「私一人、浮いているような感じですが・・・」と前置きするくらい、若い人が見あたりません。

う~~ん。

これからの日本は、どのような国作りをめざすのか。
政権交代が実現して、国民の手で政治を変えることができるんだ、という実感を手にした今こそ、核廃絶の問題、平和の問題に取り組むときだと思うのですが。

どんな理想も、ひとりひとりが、実現への強い意志を持たない限り、永遠に夢で終わるでしょう。

その夜も、酒を飲みながら、この日のショックからなかなか立ち直れないでいた私でした。

|

« ホスピスへの遠い道 | トップページ | 11/22バイオエシックス研究会<米沢ゼミ>開催 »

コメント

「世界平和アピール7人委員会」の講演会「核といのちを考える」の開催日(11月7日)が「第33回死の臨床研究会」(11月7~8日)と偶々同じ日なので、恐らくdrnino先生は(来月5日の講演会の件もあるので)土山先生の講演会「日本の核政策への注文と期待」にも出席して来られるだろうと思っていました。

然るにdrninoブログに……『ひょっとしたら、入りきれないのではないかと、あふれるばかりの聴衆を想像していた私は、びっくりするやら、がっかりするやら……』とは!

7人委員会の「事務局通信」(2009/11/12)には「対話集会、講演会への反響続々」とあり、余り“危機感”は感じられません。
又、先日の“オバマ・鳩山”共同記者会見の模様でも、余り“深刻さ”は感じられないのは、何故でしょうか。オバマ演説を契機に「核廃絶運動」は“本当に”盛り上がりつつあるのでしょうか。

来月5日、土山先生の講演会『被爆地長崎から今伝えたいこと』では、会場(「にのさかクリニック」大ホール)が「些か狭小過ぎるのではないか」という私の“危惧”が、決して“杞憂”ではない事を信じています。(その夜、その日のショックから立ち直れずに“酒を飲み過ぎる”事などないためにも!)

投稿: (英山華) | 2009年11月16日 (月) 03:08

英山華さん、ありがとうございます。
名古屋の方にいわせると、名古屋特有の問題もあるように聞きました。
ともかく、12月5日の講演会を成功させたいと思います。
どうぞご協力のほど、お願いもうしあげます。

投稿: にのもんた | 2009年11月18日 (水) 11:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69958/46739215

この記事へのトラックバック一覧です: もう一つの名古屋~核といのちを考える:

« ホスピスへの遠い道 | トップページ | 11/22バイオエシックス研究会<米沢ゼミ>開催 »