« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月22日 (月)

音の出会い

6月20日(土)に、クリニックの2階ホールで、「音の出会い」と題するミニコンサートが開かれました。

Nishimoto01
フルート 西本 未紀 さん

Kimura01
オーボエ 木村 奈津美 さん

Kohama01
ピアノ 廣田 有貴 さん
3人の若い演奏家によるミニコンサート。
当院としても初めての試みで、どうなるかと心配していました。

当日は、開始前に会場は一杯。
椅子を50脚ほど用意していたのですが、足りなくなって、1階の待合室や、受付、診察室から椅子を総動員。それでも足りなくて、窓際の机に座ってもらいました。
数えてみると、80名の聴衆でした。

Audience01    Trio01  Audience02

続きを読む "音の出会い"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

2歳の誕生日

詩乃ちゃんが先月2歳の誕生日を迎えました。
いろんな人がお祝いに来てくれました。
大学病院の看護師さんたちも来てくれました。
ちょうど私たちが訪問に行ったときにお会いしました。
私たちはクリニックから、寄せ書きの色紙を持って行き、私は即席で練習した「HAPPY BIRTHDAY」の曲を、オカリナで吹きました。

090620_204030s

にのさかクリニックは、新しい建物で営業を始めてから3ヶ月以上になります。
そのクリニックに、新たに新築祝いとして、美しい花が届きました。
詩乃ちゃんのおばあさんからでした。

090620_203957s

詩乃ちゃんは18トリソミーという染色体異常をもっています。

詩乃ちゃんのお母さんがつくっているホームページです。

http://blog.goo.ne.jp/ringogarigari

続きを読む "2歳の誕生日"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

患者の権利を考えた

5月31日(日)患者の権利オンブズマンの10周年記念国際シンポジウムに参加した。
福岡の池永満弁護士が、裁判外の苦情処理システムをめざして設立してから10年。
今では全国各地に広がりつつある。
午前中の少人数での、「終末期における自己決定」のセッション。
午後からの「国際シンポジウム」。アメリカ、イギリス、オランダ、そして日本の患者の権利に関する状況が報告された。
夕方は、参加者による交流会。楽しい会だった。

さて「患者の権利」というと、医師はすぐに身構える。
患者の権利を主張することは、医師の権利を縮小させることだ、といわんばかり。
マスコミや弁護士もまた、同様の感覚で話をする。
医師の裁量権と、患者の権利が衝突するかのようにあおり立てている。

本当にそうだろうか?

患者の権利に関するWMAリスボン宣言

を解読しながら、以前から、疑問に思っていたことをまとめてみたい。

続きを読む "患者の権利を考えた"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »