« 途上国の生と死(総会報告) | トップページ | 患者の権利を考えた »

2009年5月18日 (月)

風の中の五ヶ山

S2163  S007
(五ヶ山のコンサート会場と、ひまわりFOUR)

今年も五ヶ山(佐賀県)で、オカリナコンサートを行いました。
17日(日)の午後。
雨模様でしたが、直前に何とか雨がやんでくれました。

S010  S110
(聞き入る聴衆と、山の音楽家Shana)

しかし、やはり、風が強い。
オカリナは空気を吹き込んで吹く笛の一種ですから、外からの風が強いと音の出が左右されます。しかも、オカリナの音が風にかき消されたり、不安定になったり。
大変なコンサートでした。

S186  S175
(最後は楽しく、会場もにこやかに)

でも、今年も各地から集まってくださった皆さんの応援で、何とか最後まで吹くことができました。

今年で3回目になる五ヶ山のオカリナコンサート。
最初に五ヶ山と私たちを引き寄せてくださった故Yさんの奧さん、息子さん、義理の弟さんたちには、今年も椅子の手配、運搬、テントなどの作業を手伝っていただきました。
息子さんが指導する少年野球のチームメンバー、父兄の方々にも参加、協力いただきました。

会場の五ヶ山豆腐店の社長を初めスタッフの皆さんにも、快く会場を貸してくださり、コンサートのチラシを貼っていただいたり、当日はいざとなったら室内のレストランで行うよう、手配をしたり、また終了後はおいしいコーヒーをごちそうしてくださったりと、何から何までお世話になりました。そればかりか、会場費を差し上げないといけないのに、かえってバングラデシュへの募金をいただいたり、感謝の気持ちは言葉に表せないくらいです。

今回もまた、いろいろな方にご参加いただきました。
準備の不足で患者さんたちに周知することができず残念でしたが、Tさんが奧さんと一緒に、あたNさんは訪問看護ステーションの看護師の協力で参加いただきました。
患者さんが安心して参加できるよう、ボランティアの方にもご協力いただきました。
宅老所よりあいの利用者、スタッフの方にも来ていただきました。

亡くなった患者さんのご遺族の方たちにも参加していただきました。
その他、数え上げるときりがないくらい、たくさんの方々のご協力でコンサートが無事に終了しました。

あらためて、皆さまに心からの感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。
ありがとうございました。

|

« 途上国の生と死(総会報告) | トップページ | 患者の権利を考えた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69958/45057434

この記事へのトラックバック一覧です: 風の中の五ヶ山:

« 途上国の生と死(総会報告) | トップページ | 患者の権利を考えた »