« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月28日 (日)

ドレミファクラブのCD

「ドレミファクラブのなかまたち2」というCDが出ました。

Doremifa01

今年一月にはニューイヤーコンサートを開いた仲間です。
この12月に15周年記念のクリスマスコンサートが開かれました。
あいにく私は参加できませんでしたが、15周年記念のCD作りに参加できました。

Doremifa03

障害を持った子供たちの音楽クラブが「ドレミファクラブ」
お母さんたちは、その上の「ソラシドクラブ」です。
野上照代さんが中心になって、コンサートを開き、交流を深めてきました。

Doremifa02

前回「ドレミファクラブの仲間たち」というCDを出しましたが、今回は15周年を記念して、その第2弾を作成したということでした。

ごらんのように、私もさおりさんの応援団の一人として、オカリナで参加しました。
写真の左がさおりさんのお母さん。上が、さおりさんのうた「ヤッタネ!さおり」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

NHK医療再建を見て

21日(月)は、久しぶりに早く家に帰った。
午後9時からのNHKスペシャル「医療再建」をみたいと、急に思い立ったからだ。
2時間近くの番組で、いろいろと考えさせられた。

医療崩壊、という言葉が、自明のように使われてるが、あたかも「医療」が自然に「崩壊」しているかのような響きの使われ方に、違和感を感じる。
「医療」が本当に「崩壊」しているのか?
だとすれば、それは「自然災害」なのか? 「人災」なのか?

さて番組では、「必要なときに、必要な医療が受けられない」現状、地域間格差、昼と夜の格差、診療科による格差が指摘された。
その原因として医師不足が最初に取り上げられ、その原因は、新臨床研修制度にある、かのような印象だった。

・・・少し制度が変わっただけで、大学病院から人がいなくなるような、そんな魅力のない大学病院なら、そうなっても当然だろうな・・・などと冷たく思いながら、聞いていた。

続いて勤務医の過酷な勤務状況、特に小児科、産科など・・
そして、その結果として、勤務医離れ、開業への流れが指摘された。

この間の「医療崩壊」「勤務医の過酷な現状」の報道を見ながら、今度は「開業医たたき」が始まるな、と予想していたが、案の定。

日本の開業医の、「自由開業」「(診療科の)自由標榜」がやり玉に挙がり、ドイツやイギリスでの開業制限、質の保証がどのようになされているか、レポートが続いた。

日本医師会の竹嶋副会長(福岡出身。早良区で、当院の割と近く)が、「医師の自律性」によって、現在の制度を進めていきたいという意見は、影が薄かった。
「自律性」「自由」を唱えるからには、それに伴う「社会的責任」を果たす必要があることを痛感した。
特に医療は、「社会共通資本」であると言われている。
資本主義に基づく自由な競争に任されるべきものではなく、国家・社会の共有の財産として、みんなが大切に守り育てていくべきものだと思う。
そうであれば当然、社会の共通の理念に基づき、ある程度の自由の制限を享受せざるをえない。

そんなことを考えながら、勝村さんの、患者の立場からのすっきりした話に頷いたり、司会の男性(岩村氏?)が、必死に竹嶋氏に食い下がる姿に感心したりしながら、聞いていた。

最後に(だったかな?)、奈良県の取り組みが紹介された。
武末文男さん(県健康安全局次長)が登場、「え??」と驚くと共に、うれしかった。
彼はたしか、福岡の出身で、以前に私も少しばかり面識があった。
厚労省で活躍していると聞いていたが、今回奈良県の、地域医療への取り組みで紹介されていた。
日本でも、いろいろな壁を乗り越えて、このような住民のための施策が考えられるようになってきたんだな、などそんな感慨にふけりながら、番組を見終わった。

最後の一言、の中で、竹嶋氏が「医師の意識改革が必要だと感じた。」という言葉には、当然だと思うと同時に、もうその段階ではないのでは、と思わざるを得なかった。

開業医の社会的な役割も、大きく変わろうとしている。
在宅療養支援診療所も、その一つだろう。
それだけでなく、社会、地域における医師、開業医の役割、という視点から自分自身のよって立つところを見直さないと、開業医としての立ち直りは、難しいのではないか、とつくづく考えさせられた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

今年もクリスマスコンサート

オカリナグループ「ひまわり」のクリスマスコンサート。
2004年から毎年、12月にコンサートを開いています。
今年は、12月7日(日)に、田隈公民館で行いました。

2008127_006s
ひまわりのリーダー諫山さんの「アメージンググレース」で、コンサートの開始です。

2008127_086s
二ノ坂夫妻も、「夜明けのスキャット」で不協和音を楽しんでもらいました。

2008127_149s
最後は観客も一緒に、「ふるさと」を合唱。

2008127_170s
終了しての、記念撮影です。みんなの満足そうな顔。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

ディベートで国際交流~いまどきの若い者は・・・すごい。

ブログの更新が間に合わないくらい、毎日がめまぐるしい。
何とか、足跡を残しておきたいと思っています。

3日(水)は、小倉に行ってきました。
子どもの性と命を考えるコミッティ(CESA)というNGOを率いる、芳賀さんからの依頼で、バングラデシュでの活動から学んだことを話してほしい、という要請です。
CESAの活動、芳賀さんの生き方に、強い共感を持っている私は、喜んでお引き受けし、行ってきました。

今回は、私の話よりも、その後に30分間話をした、北九州の学生の話です。
宮崎県の高千穂町出身の彼は、将来高千穂町の町長になることを目標としている、といい、そのために、しっかりと意見発表をしたい、と話し始めました。

Cesa20081203  Cesa20081203_2

続きを読む "ディベートで国際交流~いまどきの若い者は・・・すごい。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »