« 懐かしい写真・・・Bangla2008 ⑥ | トップページ | 貧困と戦争~Bangla2008 ⑧ »

2008年9月 1日 (月)

危機管理~Bangla2008 ⑦

26日(火)に福岡に到着したその日。
ペシャワール会の伊藤和也さんが、アフガンで拉致された、という情報が入りました。
そして2日後には、殺害されたことが報道されました。

その後の報道でご承知のように、31歳の伊藤さんは5年前からアフガンでボランティアとして活動に従事し、地元の人たちから厚い信頼を得ていた、ということです。
私たちの現地訪問は、村での滞在がせいぜい数日から1週間程度。
何年も地域に根ざして生活するということは、やはり大変なことだと思います。
伊藤さんの冥福を祈りながら、私たち自身の活動について、今回の事件がどんなことを教えてくれているのか、考えてみたいと思います。

村人たちの自主的な活動を尊重しながら、パートナーとして一緒に活動する視点を大切にする、という点では、私たちも伊藤さんやペシャワール会と同じスタンスだと思っています。
違う民族の文化の中で、彼ら自身の歩みを助け、私たち自身もそこから学んでいく、というのが、バングラデシュと手をつなぐ会のモットーでもあります。

しかし、現実にはやはり現地との摩擦もしばしば経験します。
現地NGO「ションダニ・ションスタ」との考えの違いは、これまでも経験しており、予算や活動計画を巡って、議論になったこともあります。

母子保健センターに患者や出産数がなぜ増えないのか、ということを巡って、「村人が悪い。悪口を言う人がいるからだ。」という現地スタッフに対して、自分たちの問題として考えて、解決を図ろうという考え方を共有するのに、数年の議論を続けました。

政治的な対立が村にも、ションダニの活動にも持ち込まれ、村人に囲まれて「抗議文」を手渡されたり、村人の集会で、激論となり集会がお流れになったこともありました。

そんな経験を積み重ねて、私たちも現地のことを知り、彼らも私たちの思いを汲み取ろうとするようになってきました。
昨年、今年とションダニのスタッフと話していると、本当に心地よく感じます。
国や民族は違っても、思いを共有することができる、ということを実感できます。
特に、村や周辺地域に出かけて活動するヘルスワーカーやソーシャルワーカーたちとは、在宅ケアの精神と通じ合うのか、お互いの気持ちがよくわかります。
言葉は通じなくても、気持ちの通い合いは、ほんとに心地よいものです。

今年は、若い大学生3人と、50代の大学講師の4人が、初めてバングラデシュを訪れました。初めてのバングラデシュが彼らの目にどう映ったのか、という興味とともに、私たちには、安全な現地訪問を完成させるという役割があります。

これまで、大きなけがや事故などはありませんでしたが、盗難、下痢・嘔吐などの病気、村から帰る日に暴動のためにダッカに入れない、などの事件が起こったことはありました。
幸に、日程変更を余儀なくされたことはほとんどありませんでした。
しかし、一歩間違うと日程変更や、危険な事件に巻き込まれた可能性は、ないとはいえません。

現地訪問、現地での活動の危機管理、安全対策は、NGOの活動の中では意外とおろそかにされてきたところがあります。

もちろん、今回の伊藤さんの事件が、危機管理がおろそかだったというのではありません。憎むべきは、暴力で外国人を追い出そうとした、あるいは強盗目的で命を奪った輩であることは、いうまでもありません。

「和也君は言葉ではなく、その平和な生き方によって、困った人々の心に明るさをともしてきた。彼の生き方こそ私たちへの最大の贈り物」
「平和は、戦争以上の忍耐と努力が要る。和也君はそれを愚直なまでに守った。和也君を倒した暴力主義は私たちの心の中に潜んでいる。今必要なのは、憤りと悲しみを友好と平和への意志に変えることだ」(YOMIURI ONLINEより)という中村哲代表の言葉を、深くかみしめたいと思います。

|

« 懐かしい写真・・・Bangla2008 ⑥ | トップページ | 貧困と戦争~Bangla2008 ⑧ »

コメント

伊藤さんの事件は、私も本当に心を痛めました。にのもんたさんご一行が、ご無事に訪問を終えて何よりです。図々しいとは思いますが、許されるなら、来年辺り私もぜひ申し込みたいと思っています。

投稿: カタヤマ | 2008年9月 4日 (木) 22:38

カタヤマさん、コメントありがとうございます。
今年のバングラ訪問の、報告会を10月5日(日)に行います。
若い、大学生の報告が楽しみです。

来年、是非一緒に行きましょう。
楽しみにしています。

投稿: にのもんた | 2008年9月10日 (水) 02:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69958/42351191

この記事へのトラックバック一覧です: 危機管理~Bangla2008 ⑦:

« 懐かしい写真・・・Bangla2008 ⑥ | トップページ | 貧困と戦争~Bangla2008 ⑧ »