« サテライトクリニック~Bangla2008 ② | トップページ | 医療崩壊~Bangla2008 ④ »

2008年8月27日 (水)

進学の悩み~Bangla2008 ③

19日(月)
朝食の時、私たちの宿舎に一人の若者が相談に来ました。
工科大学に入ったが、これまで高校の時まで受けていた支援(奨学金)が受けられない、何とかならないだろうか?という相談でした。
他にも前日、クルナの医学部に入った学生、ダカの国立農業大学に入った学生など、カラムディ村から大学に進学する優秀な若者が増えてきました。
彼らの中には、中学や高校でションダニの奨学金を受けてきた生徒たちもいます。
大学に進んで、生活費も学費も大変になってくるのが現実のようです。

今日はほぼ一日、ションダニのメンバーや、母子保健センターのスタッフたちと、いろいろと話し合いました。
最初の話題は、奨学金のこと。
これまでションダニは、教育の普及を基本として、中学生を奨学金の主要対象としてきました。
数年前からは、子牛の貯金箱のグループの協力で、貧しい小学生の教育を支えてきました。
それらの成果として、優秀な学生が大学へ進学することが多くなりました。
これまで、個人的に彼らを支える活動は行ってきましたが、次第に数が増え、また村の発展の将来を考えると、ションダニとして組織的に対処するほうが有効ではないかと思われます。

ただ、その資金をどこから持ってくるのか、という問題があります。
彼らと話し合って、いくつかの案が出されました。
1)教育を支援する他の団体や地元の有力者
2)さつき教育基金の活用(日本の支援者からの寄付を基金として持っている)
3)日本の支援ネットワークの拡大
4)カラムディ村出身の大学生、実業家の支えあいのネットワーク
などの案が出されました。

具体策はこれから現地で相談して、実行してもらうことになりました。
教育支援に力を入れてきた結果、優秀な学生が大学に進学できるようになった、といううれしい反面、一方で、経済的に進学が困難になるという問題も出てきたわけです。

|

« サテライトクリニック~Bangla2008 ② | トップページ | 医療崩壊~Bangla2008 ④ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69958/42295318

この記事へのトラックバック一覧です: 進学の悩み~Bangla2008 ③:

» 【画像】西川史子 熱愛!青年実業家とフライデー [【画像】西川史子 熱愛!青年実業家とフライデー]
形成外科医でタレントの西川史子が、ついにフライデーされた。お相手は平沢勝栄衆院議員の元秘書で、イケメン青年実業家。そんな西川史子ですが、過去にこんなお仕事もしてました。今、ネット上で噂になっている西川史子のお宝映像です。是非!! [続きを読む]

受信: 2008年9月11日 (木) 17:05

« サテライトクリニック~Bangla2008 ② | トップページ | 医療崩壊~Bangla2008 ④ »