« ワークショップ開始 | トップページ | 横浜港 »

2008年5月 5日 (月)

五ヶ山

昨日は、佐賀県の山の中にある「五ヶ山豆腐店」に行ってきた。
昨年7月に、オカリナコンサートを開いたところで、今年も会場を貸していただく予定だ。 

Gokayama01s_2  Gokayama02s_2 

このコンサートの実現には、昨年亡くなったYさんの力が大きい。
昨年の夏、59歳で亡くなった。胃がんで手術不能だったが、バイパス手術を受けて、1年間生きた。
生命力もすごかったが、行動力、人間力もすごかった。

(写真は、五ヶ山豆腐店の入り口風景と、昨年のコンサートの様子)

Yさんの周りには、たくさんの人が彼を慕って集まった。
大人も、子どもたちも・・・

手術後、当院に通いながら、私がオカリナを演奏することを聞いて、コンサートをやろうと言い出した。「五ヶ山豆腐店」の社長と懇意で、まるで自分のうちのように、会場を提供してくれた。
豆腐屋の裏には広い芝生の庭がある。
そこでのオカリナコンサートをプロデュースしてくれた。
「山の音楽家Shana」といっしょに、我々「ひまわりfour」のデビューとなったコンサートだった。
ひまわりfourとは、Shanaの弟子たち4人の仲間。私と女房も加わっている。オカリナ好きの若い女性二人と一緒にグループを組んで、楽しみながら練習をしている。

さて、昨年のコンサート。
Yさんの知人の方達、野球の教え子たち、それに当院の患者さんや家族の方達、100名以上の方が来てくださり、大盛況だった。
もちろん、私たちの演奏は、音やリズムやハーモニーに何かと問題があったのだが、五ケ山の自然と、虫の声と、何よりもSHANAの音色が聴衆の心を癒してくれた。

今日ほぼ1年ぶりに五ヶ山を訪れ、社長の奥さんに会場の件をお願いした。
ここには、いろいろな種類の豆腐をはじめ、地元の野菜、手作りのパン、中には豆腐料理のレストランもある。昨日は連休でもあり、大勢の人でにぎわっていた。

帰りには、Yさんのお宅を訪問した。
仏壇に花を供え、奥さんと息子さんと話をすることができた。

1年近くたって、だんだんと夫がいなくなった実感がわいてきたこと、
子どもが好きで、いつも近くの子どもたちと一緒に釣りや遊びに出かけていたこと、
自分が釣ったイカを皆に食べてもらうために、山の別荘で毎月のように宴会を開いていたこと、
そして、病気になってからも、文字通り最後の日まで寝付くことなく、冗談を言って過ごしていたこと、・・・などなどの思い出話がつきなかった。

6月1日(日)に、五ケ山でまたShanaと一緒にオカリナを吹く予定だ。

Yさんの追悼コンサートがようやく実現することになる。

|

« ワークショップ開始 | トップページ | 横浜港 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69958/41093161

この記事へのトラックバック一覧です: 五ヶ山:

« ワークショップ開始 | トップページ | 横浜港 »