« オカリナ・コンサート | トップページ | あなたの大切なものは何ですか? »

2007年12月19日 (水)

The Rose

The Rose

詞・曲 Amanda McBroom

Bette Midler

Some say love it is a river, That drowns the tender reed
Some say love it is a razor, That leaves your soul to bleed
Some say love it is a hunger, And endless aching need
I say love it is a flower, And you its only seed

It's the heart afraid of breakin', That never learns to dance
It's the dream afraid of wakin', That never takes the chance
It's the one who won't be taken, Who cannot seem to give
And the soul afraid of dyin', That never learns to live

When the night has been too lonely,
And the road has been too long
And you think that love is only For the lucky and the strong
Just remember in the winter Far beneath the bitter snows
Lies the seed that with the sun's love
In the spring becomes the rose

 

16日のオカリナコンサートで演奏した The Rose という曲の歌詞です。
これは、1979年のアメリカ映画の主題歌です。
ジャニス・ジョプリンという夭折の女性歌手をモデルとした映画で、ベット・ミドラーがローズという役を演じたそうです。


私がこの曲を知ったのは、ShanaさんのCDとコンサートで聞いてからです。
いい曲だと思い、楽譜を探し、自分で演奏してみて、それからこの曲の由来を調べて、いろいろなことをはじめて知った、という次第でした。

実にお粗末な話ですが、私はこの曲を知ることができて良かったと思っています。

クリスマスコンサートでは、音程もリズムもめちゃくちゃで、この曲の本来の姿を表現することはできませんでしたが、ギター伴奏をしてくれた花田さんが、ジャニス・ジョプリンの大ファンで、今回伴奏の機会を与えてもらって嬉しかった、と言ってくれたことが救いでした。

もう少し精進して、少しでもオカリナで思いを伝えることができるよう、がんばってみようと思っています。

以下は、ある人の日本語訳です。

人は言う 愛は川だと
ひ弱な葦を押し流す

人は言う 愛はナイフだと
魂を切り裂く

人は言う 愛は飢えだと
終わりのない痛みだと

でも・・私には 愛は花
あなたはただその種

心は壊れることを怖れ
踊りを覚えようともしない

夢は目覚めるのを怖れ
運をつかもうともしない

人は縛られることを嫌い
与えようともしない

死を怖れる魂は
生きることを学ばない

夜がさびしすぎるとき
道が遠すぎるとき
あなたは思う
愛はツキだと
仕方がないものだと

でも考えてごらん
冬の最中 冷たい雪の下で
種は太陽の愛を待ち
春には、バラを咲かす・・・

 

 

 

|

« オカリナ・コンサート | トップページ | あなたの大切なものは何ですか? »

コメント

またまたtetsuya-hです。
The Roseですが、この歌詞を日本語に訳したものが「愛は花、君はその種子」(日本語訳:高畑勲)で、宮崎駿アニメの「おもひでぽろぽろ」のエンディングテーマになっています。
次の機会に私がオカリナで演奏するつもりです。(伴奏CDを持っています。)
それでは、また。

投稿: tetsuya-h | 2007年12月25日 (火) 20:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69958/17418933

この記事へのトラックバック一覧です: The Rose:

« オカリナ・コンサート | トップページ | あなたの大切なものは何ですか? »