« 在宅緩和ケア実践セミナー | トップページ | サイクロンと患者さんたち »

2007年11月15日 (木)

ハッピー・バースデイ

♪ハッピー・バースデイ・トゥー・ユー
♪ハッピー・バースデイ・トゥー・ユー
♪ハッピー・バースデイ・ディア・はるかさ~ん
♪ハッピー・バースデイ・トゥー・ユー

3年前に亡くなったはるかさんの、今日は26歳の誕生日。
月に1回、当院の在宅ケアを受けて亡くなった方の、遺族の方たちの集いを開いている。
今月は、今日14日の水曜日。
お母さんが、今日ははるかの誕生日だから、皆で祝ってほしい、とケーキを買ってきた。
はるかさんが好きだったイチゴやフルーツが一杯載った、生クリームのケーキ。
3人の遺族の方と、2人のボランティア、2人のスタッフが今日のグリーフケアの会を進めていた。いつもどおり、話したいときに話し、聞きたいときに聞く、静かな会だ。
在宅に出かける前に、久しぶりにお会いするお母さんの誘いで、会に参加し、一緒にお誕生日の歌を歌い、ケーキをご馳走になった。

はるかさんの話は、昨年の西日本新聞の連載「死を見つめて生きる」の最初「はるかさんのくれた宿題」に書いた。
彼女は、両親の心の中で、そして私の思い出の中で、確かに生きている、と感じた。

|

« 在宅緩和ケア実践セミナー | トップページ | サイクロンと患者さんたち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69958/17076663

この記事へのトラックバック一覧です: ハッピー・バースデイ:

« 在宅緩和ケア実践セミナー | トップページ | サイクロンと患者さんたち »