« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月22日 (土)

ヘルスワーカーたち(バングラ報告6)

P8200031s写真の左は、ソーシャルワーカのシウリ、右はヘルスワーカのエクラムル。
母子保健センターの活動は、一般患者の外来、入院や妊婦の検診、出産だけでなく、村人の保健教育や実地での指導など、村に出かけていく分野(「フィールドワーク」と呼んでいる)も重要です。その役割を担っているのが、この二人を中心としたワーカーたち。
そのリーダーが、このエクラムル。一見怖い顔をしていますが、とても心の優しい男です。

続きを読む "ヘルスワーカーたち(バングラ報告6)"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年9月16日 (日)

バングラ医療事情(バングラ報告5)

ここで、バングラの医療事情について少し説明しておきます.
きわめて大雑把に問題点を把握しておくと、
1)巨大な人口と大多数の貧困と不衛生な環境
2)医師、看護師、医療機関の絶対的不足
3)健康保険システムの不在
4)都会と農村の医療の格差
などが挙げられると思います。

Bangla060816_008
(写真は、昨年母子保健センターで、出産直後の親子を撮ったもの)

以下、それぞれについて少し解説してみます。

続きを読む "バングラ医療事情(バングラ報告5)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

愛ちゃんのこと(バングラ報告4)

Dsc_0637s
写真の左側で、子どもを抱いているのは、愛ちゃん。
彼女は、青年海外協力隊として今年はじめからバングラで感染症対策の活動をしています。
九州出身の彼女とは、数年前からNGO福岡ネットワークを通して知り合いました。
彼女は19歳のとき、2003年には手をつなぐ会の現地訪問に参加してくれました。
そのとき、バングラの暑さの中で、下痢と発熱で寝込んだベッドの中で考えたこと、家族や地域で助け合う姿を見たこと、そういった体験が、彼女を国際協力の道へ歩ませたのかもしれません。


続きを読む "愛ちゃんのこと(バングラ報告4)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火)

ひやり・はっと事例報告(バングラデシュ報告3)

Cimg2148
カラムディ村母子保健センターの活動は、多岐にわたっている。
95年に日本からの募金や、医療器具の寄付で始まり、05年には産婦人科病棟が増設され、近隣でも有数の病院として知られるようになった。
Community-Based Hospital(地域に根ざした病院・保健医療)として、以下の3つを柱に活動している。
① 病院として。妊婦検診、出産、一般患者の外来及び入院
② カラムディ村内の巡回検診
③ カラムディ村の外の地域でのサテライトクリニック

これらの活動は、センターの医師、看護師だけでやっているのではない。
フィールドワーク全体をリードするエクラムルという「はだしの医者」出身のヘルスワーカーと、村出身の若い女性たちが教育を受けて育った、ソーシャルワーカ達が大きな担い手となっている。

続きを読む "ひやり・はっと事例報告(バングラデシュ報告3)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

いまどきのバングラ高校生(バングラ報告2)

P8210028今年のバングラでもっとも印象に残った場面です。
高校生との交流会。
『あなたの国で、誇りに思うことは何ですか?』と尋ねると、生徒たちが次々に立ち上がって答えました。
「自分たちの言葉で、自由にものが言えることです。」最初の男子生徒の答えです。続いて、「独立戦争で、200万人以上の人々が命を落としたので、今の私たちの生活があり、勉強ができます。」
どの生徒も、何の準備もないのに、すくっと立ち上がり、きびきびと答えます。


続きを読む "いまどきのバングラ高校生(バングラ報告2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 8日 (土)

バングラデシュ訪問2007報告・その1

Dsc_0079遅くなりました。今年のバングラデシュ現地訪問報告を開始します。
・・それにしても、日本は忙しい。
バングラデシュでも、毎日いろんなことをやってきたが、むこうでは仕事が「直列に」ならんでいる。順番にこなしていくといい。
日本に帰ると、いろんな仕事が「並列に」やってくる。これは大変。
という言い訳で始まる、今年のバングラデシュ報告です。
写真は、福岡空港での出発風景。
今年のツアーは、こんなにたくさん参加したの??でしょうか。

続きを読む "バングラデシュ訪問2007報告・その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »