« 死の臨床研究会in長崎 | トップページ | バングラデシュ現地訪問2007 »

2007年8月 6日 (月)

夫婦を極める

夫婦を極めようと思っています。
まだ極める道の途上ですから・・・

明るく笑いながら、奥さんが話してくれました。

私は鬼嫁です。時には菩薩になりますけど・・・

神経難病で寝たきりになったご主人は、黙って微笑みながら聞いています。

ご主人の病気は、多系統萎縮症という神経難病です。
自律神経をはじめ、全身の神経が次第に働かなくなっていく病気です。
ご主人も3年前ごろから、歩き方がおかしくなり、2年前には歩行ができなくなり、1年前から、ほとんど寝たきり状態となりました。
私がお付き合いし始めたのは、昨年11月から。
この9ヶ月の間にも、病状は着々と進行しました。
言葉がほとんど出なくなりました。
手足の力が弱くなり、介助でも歩行ができなくなりました。
嚥下が困難となり、しばしば誤嚥して、肺炎を起こしやすくなりました。
奥さんがいろいろな工夫をして、食事を作りますが、飲み込みが大変困難となりました。

このため、近いうちに胃瘻を造ることになり、入院予定となっています。
胃瘻についても、奥さんがケアマネージャと一緒に、一生懸命勉強して、ご主人と話し合って決めました。

「夫婦を極めようと思っています。」
病気のために日ごとに動けなくなっていく夫を介護しながら、おそらくは、介護疲れのために気持ちが後ろ向きになることもあるとおもわれる毎日だと思われます。
「私は鬼嫁ですから。」
人からは鬼のように思われようとも、夫のためにできることなら何でもする、ということなのでしょう。
「夫婦を極めて、お互いが<仏>になったら、別れてもいいと思っています。」

|

« 死の臨床研究会in長崎 | トップページ | バングラデシュ現地訪問2007 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69958/16028193

この記事へのトラックバック一覧です: 夫婦を極める:

« 死の臨床研究会in長崎 | トップページ | バングラデシュ現地訪問2007 »