« 強いられた命の姿を描く | トップページ | ありがとうございました。 »

2006年7月17日 (月)

☆にのさかクリニック10周年記念講演会とオカリナコンサートのご案内☆

にのさかクリニック10周年記念講演会と

                  オカリナコンサートのご案内

にのさかクリニックは本年3月6日、創立十周年を迎えました。
皆様への御礼の気持ちを込めて、オカリナコンサートと講演会を開催いたします。是非、ご来場ください。尚、参加費は無料です。

第一部 オカリナコンサート 山の音楽家 「シャナ」
第二部講演「患者さんから学ぶ」 
講師 柴田紘一郎先生(前・宮崎県立日南病院院長)

Shibata01

【講師紹介】
宮崎県出身 
長崎大学医学部卒業
1966年 長崎大学附属病院インターン
1971年 熱帯医学研究所よりケニアに派遣
1976年 宮崎医科大学転任・外科助教授
1996年 宮崎県立日南病院外科部長就任
1999年 同院長に就任
2006年 医療法人耕和会サンヒルきよたけ勤務

日時 7月29日(土)午後2時半より
場所 九州大学国際交流プラザ

早良区西新2-16
電話(831)8105

Lion01_1 

さだまさしの”風に立つライオン”という曲をご存知でしょうか?
アフリカで医療活動を行った医師をモデルにした名曲で、この曲を聴きながら医師を目指して受験勉強に励んだ学生たちがいました。2001年11月、宮崎医科大学学園祭で、「風に立つライオン」という企画が行われました。このライオンのような、理想の医者を目指そうと、医学生たちが全国各地の医師にインタビューをした企画です。当時、このライオンのモデルになった柴田紘一郎医師は、宮崎医科大学の外科の助教授でした。
私(二ノ坂)は、不思議なご縁でこの学園祭に参加、柴田先生と出会いました。学生からも慕われる、その謙虚な姿勢。実は、長崎大学出身の柴田先生は、長崎の大先輩でもあったのです。柴田先生と一緒に、さだまさしがよく行く「かすみ」というスナックにも行き、一緒に飲みました。
その時から、10周年記念の講演会にぜひ柴田先生をお招きしようと決めていました。
このたび、10周年記念行事にあたり、講演をお願いしたところ、快く引き受けていただきました。
テーマは、「患者さんから学ぶ」。ライオン先生が、外科医として、人間として、患者さんにどのように接し、学んできたのか、私も興味深いものがあります。
皆さんもどうぞご一緒に、柴田先生の講演のご参加ください。

|

« 強いられた命の姿を描く | トップページ | ありがとうございました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69958/10984083

この記事へのトラックバック一覧です: ☆にのさかクリニック10周年記念講演会とオカリナコンサートのご案内☆ :

« 強いられた命の姿を描く | トップページ | ありがとうございました。 »