« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月 5日 (月)

子どもといのちを考える

Kodomo01西日本新聞連載「死を見つめて生きる」
今日は、子どもといのちを考える」です。
「いのちをみつめるワークショップ」についての報告です。
写真は、2004年のワークショップで、「いのちのまつり」を題材に、人形劇を行った時のものです。みんなで何かをやり遂げる、ということは、大人も子どもも燃えるものですね。

さて、今回は、ご存知、「子ども共育HAKATA」のことについて書きました。
子ども共育HAKATAは、2002年日本ホスピス・在宅ケア研究会全国大会IN九州を契機に生まれました。といっても、実際にはその2年前、大会の準備の過程で、「次の世代にいのちの大切さをどのように伝えるのか。」という問題意識から生まれた一つの部会でした。
ですから最初は、「次世代教育部会」という名前でしたが、現代表の飛永さん(九州大学大学院生)らの参加で、「子どもも大人も、いのちを学ぶ一年生」という立場に立つ、ということで「子ども共育部会」、子どもと<共に学び、育む>という名前になりました。
大会の一年くらい前から合宿をやったりしながら、大会へ向けていくつかの企画を立てました。

その第一が、「いのちを見つめるワークショップ」

月に2回程度のスケジュールで、中高生13名、大人(大学生・社会人)17名が参加して、ワークショップを行いました。
大きなテーマは4つ。
「いのちの終わり」
「いのちの始まり」
「障害といのち」
「戦争といのち」
それぞれに関して、第1回目は講義などによる研修、いわゆる座学、というやつ。
2回目は、フィールドワークとして、現場に出かけての体験学習。ホスピスや、産婦人科病院にでかけました。
3回目はそれらを振り返ってのトーク。

フィールドワークをのぞいて、各回ともまず、ウォーミングアップを行います。
ジェスチャー伝言や、人間知恵の輪、など大学生が仕入れてきた工夫を凝らして、30分程度行うと、皆かなりリラックスできます。
その後に、研修やトークを行います。

また、ワークショップにはルールがあって、ここで話されたことは外に漏らさない、話したくない時は話さなくていい、自分の価値観を押し付けない、ニックネームで呼び合う、といったものです。

半年間のワークショップの成果を大会で発表しました。
全国の仲間たちの前で、子どもたちも大学生も、大人たちも誇らかに、その成果を話すことができました。

その後、この活動を継続していきたいという思いを持つ仲間が集まって、「子供共育HAKATA」という名前で独立。現在に至っています。

毎年、試行錯誤でいろいろな試みに挑戦しています。
今年は、少しお休みして、地力を蓄えよう、というところでしょうか。

近い内に、また子ども共育HAKATAの名前や、志をあちこちでご覧になることでしょう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »