« 全国の在宅ホスピス・・・ | トップページ | 在宅支援診療所 »

2006年2月 5日 (日)

「ひまわり」について

今日は、にのさかクリニックの広報紙「ひまわり」をご紹介します。
毎月一回、B5サイズ4ページの「ひまわり」を地域の皆さんにお届けしています。
「ひまわり」もクリニックと同じく、10年になりますが、実はこれは数ヶ月遅れて発行されるようになりました。
開院当初、あまりにも患者さんが来ず、ひまな時間はスタッフでラジオ体操などして過ごしていました。
当初から地域とのつながりを作るための広報紙は構想にありましたが、すぐにとは思っていませんでした。
ある方の提案で、地域の方たちに広報するような媒体を、広く配ってはどうか、と勧められました。
背に腹部は変えられない、と思い切って地域に広く配布する「ひまわり」を発行し、現在まで毎月1回の発行を続けてきました。

はじめの頃は印刷機がなく、知り合いの事務所に出かけて、印刷をお願いしていました。
(そのための時間も十分あった、というわけ。)
その後、自前で印刷機を購入し、今では二代目が大活躍。
印刷機は「ひまわり」だけでなく、バングラデシュと手をつなぐ会の広報紙やチラシなどの印刷にも役に立っています。

おかげさまで、今月1月号で116号を数えることになりました。
ありがたいのは、患者さんたちがこれを見て、「面白そうな病院だから一度行ってみたいと思っていました。ようやく風邪を引いたので、来てみました。(笑)」という方たちが結構いらっしゃることです。
創刊号から保存している方もいらっしゃいます。

医療機関からの情報発信、ということで、それなりの意味をもっているのではないか、と考えています。

10年を迎えた「ひまわり」

そろそろ体裁も一新して、皆さんのご意見を取り入れながら、さらに発展させていきたいと考えています。
Web上でも公開しています。
http://www.drnino.jp/から、「ひまわり」をごらん下さい。

|

« 全国の在宅ホスピス・・・ | トップページ | 在宅支援診療所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69958/8511561

この記事へのトラックバック一覧です: 「ひまわり」について:

« 全国の在宅ホスピス・・・ | トップページ | 在宅支援診療所 »