« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月19日 (日)

在宅支援診療所

中医協(中央医療協議会)で、4月からの診療報酬の体系が固まった。
全体としては、3%あまりに厳しいマイナスだが、在宅医療に関してはかなり報酬が上がることになるようだ。中でも、「在宅療養支援診療所」の新設は画期的だといえる。

在宅に重点を置き、24時間の対応が可能で、緊急時には入院医療機関との連携が取れていることなどの要件を満たしており、届出をすれば、「在宅療養支援診療所」として認められる。
支援診療所となると、緊急の往診加算が倍になったり、在宅での看取りが(経済的に)大幅に評価されたりしることになる。

当院は、これまで診療報酬で十分に評価されなくても、患者にとって必要と思われるサービスは提供してきた。全国の在宅仲間たちもそのような姿勢で取り組んできたことだろう。
いずれ実績が評価され、きちんとした診療報酬がついてくる(べきだ)と考えてきた。
今回の、在宅ケアに関する診療報酬のアップは、そのような努力の積み重ねの結果であるといえる。

それでも私は、今回のこの在宅療養支援診療所に、やりきれない思いをいだいている。

一つは、これまでの流れからいえることだが。
報酬さえつければ、医療界は思いどおりに動く、といわんばかりの厚労省はじめ役所のやり方。インフォームド・コンセントの実行と言われた、療養計画書しかり。院内感染予防に点数がつくと、病院中の廊下に手洗い器があふれた。
今回も・・・という思いが拭い去れない。

また、在宅医療の普及と質の向上と言う観点からも、疑念を抱いている。
これからはやはり在宅医療に取り組まないといけないと考えている医師は多いと思う。
その人たちにとって、ちょっと敷居が高すぎるのではないだろうか。
かえって二の足を踏むことにならないだろうか?

現在はまだまだ在宅医療、特に在宅ホスピスに取り組む医師は少ない。
普及と質の向上を、医療側も行政側も、また患者側もいっしょになって取り組むことが緊急の課題だ。そのための第1歩という考え方もあるだろうが、他に方法はないのだろうか?

=============================

ところが、大きな問題に気がついた。
当院では現在70~80名の在宅患者を診ている。
終末期の患者が常に5~10名程度。グループホームでの看取りも行っている。

そのようなクリニックが、在宅療養支援診療所の届出をせずに在宅ケアを行うと、今までよりも大幅な減収になり、またグループホームでの看取りは不可能となってしまう。

在宅療養支援診療所には手厚い報酬と仕組みだが、そこをめざそうとする診療所には今まで以上に厳しいシステムとなってしまう。

さて、にのさかクリニックはどう取り組むべきか?
今、大いに悩んでいるところです。
皆さんのお知恵をお貸しください

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006年2月 5日 (日)

「ひまわり」について

今日は、にのさかクリニックの広報紙「ひまわり」をご紹介します。
毎月一回、B5サイズ4ページの「ひまわり」を地域の皆さんにお届けしています。
「ひまわり」もクリニックと同じく、10年になりますが、実はこれは数ヶ月遅れて発行されるようになりました。
開院当初、あまりにも患者さんが来ず、ひまな時間はスタッフでラジオ体操などして過ごしていました。
当初から地域とのつながりを作るための広報紙は構想にありましたが、すぐにとは思っていませんでした。
ある方の提案で、地域の方たちに広報するような媒体を、広く配ってはどうか、と勧められました。
背に腹部は変えられない、と思い切って地域に広く配布する「ひまわり」を発行し、現在まで毎月1回の発行を続けてきました。

はじめの頃は印刷機がなく、知り合いの事務所に出かけて、印刷をお願いしていました。
(そのための時間も十分あった、というわけ。)
その後、自前で印刷機を購入し、今では二代目が大活躍。
印刷機は「ひまわり」だけでなく、バングラデシュと手をつなぐ会の広報紙やチラシなどの印刷にも役に立っています。

おかげさまで、今月1月号で116号を数えることになりました。
ありがたいのは、患者さんたちがこれを見て、「面白そうな病院だから一度行ってみたいと思っていました。ようやく風邪を引いたので、来てみました。(笑)」という方たちが結構いらっしゃることです。
創刊号から保存している方もいらっしゃいます。

医療機関からの情報発信、ということで、それなりの意味をもっているのではないか、と考えています。

10年を迎えた「ひまわり」

そろそろ体裁も一新して、皆さんのご意見を取り入れながら、さらに発展させていきたいと考えています。
Web上でも公開しています。
http://www.drnino.jp/から、「ひまわり」をごらん下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »